子犬を飼い始めたら、餌はどんなものを与えるべき?量や回数は?

MENU
獣医師が推薦するペットフード「カナガン」。
食べやすい・食いつきがよい・安心(安全)の総合栄養食
まずは“お試し”から!
▼▼▼▼



子犬に与えるべき餌とは

小さくてふわふわ、もこもこで愛らしい姿を見せてくれる子犬。思わずぎゅっと抱きしめてしまいたくなってしまいますよね。そんな子犬を初めて育てるのは不安がいっぱい。いろんな場面で頭に「?」が浮かんでしまうのではないでしょうか。餌(食事)もそのひとつ。どの時間にどのくらいの量を与えればいいの?そんな疑問を抱いてしまうと思います。ここでは、簡単に子犬時代の餌(食事)について挙げていきたいと思います。

 

まず、犬は月齢や年齢で摂取すべき栄養量には違いがあり、それに伴い回数やタイミングも異なってきますので、飼い主が調整してあげなければなりません。
大体6ヶ月くらいまでは少なめの量を3回〜4回に分けて与えるようにしましょう。朝、昼、晩のタイミングがいいかもしれませんね。それ以降は1日1回で十分な量を摂取出来るようになりますが、ドカ食いや早食いを防ぐという意味でも朝と晩の2回に分けて与ええるようにしましょう。

 

また、子犬のうちは体がまだ完成していないために敏感で、下痢しやすい傾向にあります。食事のあとに嘔吐したり、下痢が続くようなら早めに受診し、医師の診察を受けるようにしてください。
さらに子犬はいろいろなものに興味を示し、誤飲、誤食の危険性もあります。食べ物以外のものを飲み込んでしまったり、犬にとって危険だとされる食べ物(ネギ、チョコレートなど)を知らないうちに食べてしまっているというケースも少なくありません。出来るだけ危険なものは子犬の目に届かないように管理しておく必要がありますので十分気をつけてください。

 

中には子犬の食事に慎重になりすぎてしまい、ドッグフードの粒をわざわざ数えて与えると人もいるようですが、そこまでする必要はありません。むしろ子犬時代は少し多めに餌を与えても良いくらいです。
ご自宅のわんちゃんの体型や体重、種類など、その子の特徴や性質に合わせて飼い主さんがきちんと管理してあげることで子犬の健康は守られるでしょう。

関連ページ

トイプードルのパピー期に与えたいフードNo.1はカナガンです!
新しくトイプードルを迎え入れる飼い主さんへ。パピーのフードに迷ったら、カナガンをおすすめします。トイプードルのパピーの成長にはカナガンのフードがぴったりなんです。
ミニチュアダックスの健康のために最適ドッグフードを選びたい
ミニチュアダックスの最適ドッグフードはどれ?病気からミニチュアダックスを守るための最適ドッグフードを選んであげたいですよね。ミニチュアダックスにはどんなフードがいいのでしょうか?
トイプードルの涙やけにお困りですか?涙やけは改善できます!
トイプードルの涙やけはしかたがないと諦めていませんか?トイプードルの涙やけの原因は毎日のドッグフードかもしれません。愛犬の涙やけに悩んだら、ぜひ読んでみてください。
グルメなうちの犬でもカナガンはペロリと食べてくれました!
偏食家のうちの犬。カナガンで長いフードジプシーから脱出できました!飼い犬の偏食に悩む方必見です。食わず嫌いの犬でもカナガンなら喜んで食べてくれるかもしれませんよ。
チワワに最適なドッグフードって例えばどんなものがあるの?
その小さな体と愛らしい大きな目が人気のチワワ。常に人気の高い犬種として有名ですよね。 そんなチワワ、小さいのに運動量は結構必要。バランスのよいドッグフードを与えましょう。
柴犬に最適なおススメのドッグフードって一体どんなものがあるの?
最近人気の柴犬。国内のみならず、海外での認知度も高いのがこの柴犬です。ですが実は柴犬は皮膚が弱く、皮膚トラブルを起こしてしまいがち。そんな柴犬に最適なドッグフードとはどんなものがあるでしょうか。
犬がドッグフードを食べない理由ってどんなものがあるの?
犬がドッグフードを食べないことがありますが、その原因は実は様々あるのです。いつも食事には気をつけているつもりでも、敏感な犬にとっては些細なことから食事を食べなくなったりします。そういったサインに気付くことが大切ですよ。
犬のアレルギーは食事が原因のひとつだって知ってましたか?
犬だってアレルギーには悩まされることが多いもの。特に食事内容を気をつけてあげないと、腸内環境の乱れから様々なアレルギーを引き起こす可能性があるのです。食事内容のどんなところに気をつければいいのか学びましょう。